nigoblog

暫定無職のブログ

GitとGithubの使い方~超初級編~

今日のテーマはGitとGithubの使い方!!
Git、Githubの順に説明します。




Git

Gitとは分散型のバージョン管理システムです。
次の図を元に簡単に説明します(落書き…)。

f:id:nigohiroki:20120911233446p:plain
図1. gitのイメージ

このようにローカルで開発したものをリモートのリポジトリに置くことによってバージョン管理を行います。
ローカルからソースコードを持ってくることもできます。

さらにgitはステージングエリアとリポジトリの段階があり、ステージングエリアにまず置いてから、リポジトリに置く。
リポジトリは本番環境みたいな認識でOKです。

また、それぞれローカルでもリポジトリを置くことができるのが分散型のメリットです。

ざっとリポジトリの作成からバージョン管理までのコマンドを説明します。
コマンドはいずれもプロジェクトのディレクトリで入力します。

リポジトリの作成
git init
ステージングエリアにファイルを追加
git add ファイル名
リポジトリにステージングエリアのファイルを追加
git commit

この時、vimが起動されるので追加したものや状況などをメモって下さい。vimの使い方については前回参照- vimの使い方~超初級編~ - nigoblog

ログや状態を見る
git log
git status

Github

Githubリポジトリを公開するためのwebサービスです。GitHub · Build software better, together.
コードを公開したり公開してるコードをみたりすることができます。

使い方は次の通り

  1. ユーザー登録をする
  2. リポジトリを作成する
  3. リポジトリをローカルにコピーする
  4. ローカルのリポジトリにファイルをアップする
  5. Githubリポジトリにアップする

以上の流れでソースコードを公開します。

ユーザー登録

ユーザー登録は最初の画面にでかでかと書いているのでアクセスするとわかります。

リポジトリの作成

リポジトリの作成もnew repositoryというようなところがあるのでそこをクリックします。
するとリポジトリの名前や公開、非公開などの選択をし、作成します。
これでGithubリポジトリが作成されました。

リポジトリをローカルにコピー

リポジトリを作成したいディレクトリ上で次のコマンドを入力します。

git clone リポジトリのURL

リポジトリのURLはgit@github.com:nigohiroki/LightsOut.gitのような感じのがリポジトリページの上の方にあるのでそれを入力します。

ローカルのリポジトリにファイルをアップする

先ほどのGitの説明を参考に。

Github上のリポジトリにアップ

次のコマンドを使います。

git push

以上を行うとGithubソースコードを公開することができます。

以上簡単にGitとGithubの使い方でした。


Githubにソースを公開するメリットは省きましたが、プログラマーの評価指標にもなるので、是非とも使いこなした方がよいと思います。

参考図書まとめ

WEB+DB PRESS Vol.69

WEB+DB PRESS Vol.69

  • 作者: 大塚弘記,渡辺修司,堤智代,森田創,中島聡,A-Listers,はまちや2,川添貴生,井上誠一郎,近藤宇智朗,ヒノケン,後藤秀宣,佐藤鉄平,mala,奥野幹也,伊藤智章,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 大型本
  • 購入: 13人 クリック: 143回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
特集にてGithubの使い方が説明されています。
登録関連で躓いた方はこちらを

入門Git

入門Git

まずはこの本でそもそもGitとは何かを学びます。

Gitポケットリファレンス

Gitポケットリファレンス

慣れてきたら逆引き本の方が約に立つでしょう。