読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nigoblog

スタートアップのCMOブログ

VagrantとかjenkinsとかchefとかでCI環境を構築する

というわけでやっていきますが、現段階では全くできていません笑

書きながら構築していこうと思います。
ちなみに参考はこのスライドシェア!!
3分間 開発環境クッキング 2012.07 #pyfes

Vagrant環境の作成

とりあえず公式を参考に。
Vagrant - Getting Started - SSH

まずはディレクトリの作成

mkdir test_project
cd test_project

次にvagrantをスタート!

vagrant init

vagrantのBOXを指定(ちなみに以前boxを作成していたので手順は省きます)
まずはどんなBOXがあるか確認

vagrant box list
CentOS

がありました。
どうでもいいけどこれセントOS ?それともセントス? メントスみたいになってるけど。
ほんとにどうでもいいっすね。
次にboxの指定

vim Vagrantfile
Vagrant::Config.run do |config|
   config.vm.box = "CentOS"
end

こんな感じで指定。…すごくrubyです…
ここまででとりあえずVagrantは終了

VeeWeeを使う

らしいです。
VeeWeeってなんぞ??
jedi4ever/veewee · GitHub

ふむふむ、box作成の自動化か…
…なるほどわからん!

とにかくスライドシェアの資料に従っていきます。

git clone https://github.com/jedi4ever/veewee
cd veewee

…変なのでた!!

====================================================================================
= NOTICE                                                                           =
====================================================================================
= RVM has encountered a new or modified .rvmrc file in the current directory       =
= This is a shell script and therefore may contain any shell commands.             =
=                                                                                  =
= Examine the contents of this file carefully to be sure the contents are          =
= safe before trusting it! ( Choose v[iew] below to view the contents )            =
====================================================================================
Do you wish to trust this .rvmrc file? (/Users/nigorinumahiroki/project/test_project/veewee/.rvmrc)
y[es], n[o], v[iew], c[ancel]> 

しらんけど 「y」で!!

ruby-1.9.2-p320 is not installed.
To install do: 'rvm install ruby-1.9.2-p320'
Running /usr/local/rvm/hooks/after_cd

なんかrubyのバージョンが違う的な。
しゃあないので合わせることに

rvm install ruby-1.9.2-p320

…大丈夫なのか!?
ここ結構時間かかります。
ちなみにrvmをインストールしてなかったらどうなるのだろうか。

…というわけで結構かかっているので飛ばします。
まぁBOXはもうあるし。

Chefを使う

何はなくともインストール

gem install chef

なんか色々出てきたぜ

...
[Version 0.7.8] test suite cleanup (eliminated some race conditions related to queue.message_count)
Fetching: net-ssh-gateway-1.1.0.gem (100%)
Fetching: net-ssh-multi-1.1.gem (100%)
Fetching: highline-1.6.15.gem (100%)
Fetching: moneta-0.6.0.gem (100%)
Fetching: uuidtools-2.1.3.gem (100%)
Fetching: chef-10.16.2.gem (100%)
Successfully installed mixlib-config-1.1.2
Successfully installed mixlib-cli-1.2.2
Successfully installed mixlib-log-1.4.1
Successfully installed mixlib-authentication-1.3.0
Successfully installed mixlib-shellout-1.1.0
Successfully installed systemu-2.5.2
Successfully installed yajl-ruby-1.1.0
Successfully insta
...

サクセスフライって出てきてるんだからサクセスしてるのだろう。

ちなみに説明がわかんなくなったので次はこちらの記事を参考に
chef-soloで環境設定 — そこはかとなく書くよん。

それからこの本も参考に

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2012年 10月号 [雑誌]

Software Design (ソフトウェア デザイン) 2012年 10月号 [雑誌]


こういうの買っといてよかったと毎回思う。

約10分後完了!!

git clone git://github.com/opscode/chef-repo.git

予めテンプレがあるみたいなので拝借

現在のファイル構成はこんな感じ

test_project/
- Vagrantfile/
- chef-repo/
- veewee/

次はcookbookの中身を作る。

cookbook

chef-repoディレクトリに移動
そして

rake new_cookbook COOKBOOK=test_book

と入力
すると

chef-repo/
- cookbooks/
-- test_books/

てなわけでtest_booksというディレクトリが出来上がりました。
それからknifeコマンドでも色々出来るらしい

knife cookbook site install ntp -o cookbooks

スライドシェアにのってた。

Vagrantfileを書きなおす

というわけで一旦test_projectディレクトリに戻る。
Vagrantfileを書きなおします

Vagrant::Config.run do |config|
  config.vm.box = "CentOS"
  config.vm.customize do |vm|
    vm.memory_size = 512
  end
  config.vm.provision :chef_solo do |chef|
    chef.cookbooks_path = ["cookbooks"]
    chef.add_recipe "ntp"
    chef.json = {
      :ntp => { :servers => ['ntp.foobar.jp']},
    }
  end
end

そしてvagrantを起動!

vagrant up

。。。

Could not locate Gemfile

。。。

何これワロタwww

。。。

確認

gem -v
1.8.24

あるよね。。。

試しに他のディレクトリで

vagrant init

としたら

Could not locate Gemfile

ワロタwwwワロタ…

というわけでsolo-solo体力の限界なので志半ばですがやめます。
まずはvagrant コマンドの復帰から!

では