nigoblog

暫定無職のブログ

Unixコマンドを覚えてCUI操作をマスターしよう! ~めざせカチャカチャ ッターン~

f:id:nigohiroki:20130107234940g:plain

今回はターミナルで色々操作するためにUnixコマンドをたくさん紹介していきたいと思います。

今回の記事を読んだ後には、
地獄のミサワの「カチャカチャカチャ…」「ッターン!」が出来るようになっていることでしょう。

というわけで早速紹介していきたいと思います!

  1. 用語の説明
  2. コマンド集

用語の説明

今回コマンドを説明する前に予め用語の説明をします。
これまで使っていた単語を以下の表と照らしあわせて見て下さい。

フォルダ ディレクトリ
現在のフォルダ カレントディレクトリ

とにかく「ディレクトリ」とか「カレントディレクトリ」とかいっぱい出てくるのでそれらは「フォルダ」「現在のフォルダ」と読み替えて下さい。

コマンド集

早速ターミナルを開いて実験!

pwd

まずはこれから!
カレントディレクトリを表示するコマンド。
コマンドライン操作をしているとありがちなのが「これどれくらいの階層にいるんだろう?」ということがよくあります。
なのでこれを使ってカレントディレクトリがどこにあるのかを見てみましょう。

ls

カレントディレクトリの中身を表示するもの。
つまりフォルダの中身を見るためのものです。
よく使うオプションとして、「-l : ファイルやディレクトリのパーミッションも見れる」「-a : 隠しファイルも見れる」

ls -l
ls -a

組み合わせて

ls -la

などとも出来ます。
ちなみにファイル名が「.」で始まっているファイルは隠しファイルと呼ばれ、上記のオプションを付けなければ見れません。

cd ディレクトリ名

カレントディレクトリを移動する。
以下に使っている例を示します。

nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ pwd
/Users/nigorinumahiroki/prog
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ ls
C		PHP		practice	ruby
JS		java		python		scala
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ ls -F
C/		PHP/		practice/	ruby/
JS/		java/		python/		scala/
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ cd C/
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:C nigorinumahiroki$ pwd
/Users/nigorinumahiroki/prog/C
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:C nigorinumahiroki$ cd ..
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ pwd
/Users/nigorinumahiroki/prog

上から説明すると、
pwd
でカレントディレクトリを確認
ls
で中身を確認
ls -F
でディレクトリのものを確認
cd C/
でディレクトリ「C」に移動
pwd
でディレクトリを移動したことを確認。
cd ..
で一つ前のディレクトリに移動。
このように使います。

mkdir ディレクトリ名

ディレクトリを作成します。
次のように使います。

nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ ls -F
C/		PHP/		practice/	ruby/
JS/		java/		python/		scala/
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ mkdir scheme
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ ls -F
C/		PHP/		practice/	ruby/		scheme/
JS/		java/		python/		scala/

ls -F
でカレントディレクトリの中身を確認
mkdir scheme
でディレクトリ「scheme」を作成
ls -F
でディレクトリ「scheme」を確認

rmdir ディレクトリ名

ディレクトリを削除します。
次のように使います。

nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ ls -F
C/		PHP/		practice/	ruby/		scheme/
JS/		java/		python/		scala/
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ rmdir scheme/
nigonuma-hiroki-no-MacBook-Air:prog nigorinumahiroki$ ls -F
C/		PHP/		practice/	ruby/
JS/		java/		python/		scala/

ls -F
でカレントディレクトリの中身を確認、ディレクトリ「scheme」があることを確認
rmdir scheme
でディレクトリ「scheme」を削除
ls -F
でディレクトリ「scheme」が削除されたことを確認


というわけで今回はこの辺で!
またいつか他のコマンドも紹介していきます。